・お肉が食べられない愛犬になんとか良質なタンパク質を摂らせたい
・アレルギーの心配の少ないドッグフードをきちんと与えておきたい
・低刺激で消化に良いドッグフードをいま探しているところだ
・いま与えている食物アレルギー用ドッグフードでは食いつきが悪く、残してしまって困っている

愛犬が執拗にカラダを掻いている。
愛犬が下痢ばかりしている。
愛犬がしきりに嘔吐している……。

こんな愛犬の症状に困り、獣医の先生のもとに走られた方もおられるでしょう。または、ネットを使ってまずは検索だとお調べになったかもしれません。

はい。この症状は、いわゆる『食物アレルギー』の症状です。

食物アレルギーは厄介ですよね? 根本的に直すのはとても難しいことです。

その上、人間のアレルギーもそうであるように、犬のアレルギーも反応が出れば非常につらい。そして、そんな愛犬を見ていることしかできないのも、また非常につらいと思います。

では、解決方法はないのでしょうか。

根本的な解決法ではないのかもしれませんが、あります。

『原因になっている食べ物を与えなければ症状はなくなります』と埼玉県獣医師会のトピックスにも書かれています。

そこで、食物アレルギー用ドッグフードをひとつご紹介しようと思います。

アレルギー反応を起こす物質が少ない低アレルゲンドッグフード──『昆虫』原料のYORAドッグフードは、食物アレルギーを起こしやすいタンパク源を『昆虫』にすることにより低刺激性を実現しました

食物アレルギーは特定の食材の過剰摂取をきっかけにして起こることもあります。その時には、本来カラダに害がない食材でも過敏にカラダが反応してしまっている状態ですので、過剰に摂取しているであろうものを変えるだけでも、相対的にアレルギーを引き起こす確率は下げられるのです。

 

犬の食物アレルギーを調べてみる

まずは具体的な対応の前に、犬の食物アレルギーの諸症状と、その原因物質の例を挙げてみます。

症状

・体をかゆがる
・フケが出るようになる
・不自然な抜け毛
・下痢、嘔吐
・顔や耳の内側、目の周り、口周り、股の内側などが赤くなっている
・足の裏や指の間など、執拗に舐めたり噛んだりする

下痢や嘔吐はまた違いますが、代表的なものと言えるのは皮膚疾患のようです。

原因物質

人間同様に多様な原因物質がありますが、代表的なものはこちらです。

・牛肉
・乳製品
・小麦
・仔羊肉
・鶏肉
・鶏卵
・大豆
・とうもろこし
・そしてさまざまなスパイスや添加物

確実にアレルゲン物質を特定したい時には、獣医の先生に相談しましょう

ただ、ある程度は自分でも判別できます。

単一のメニューを2~3ヶ月与え続けて、症状の改善がみられるかどうかでもざっくりとは判別がつきます。

小麦・とうもろこしなどは穀物アレルギーの代表格です。このアレルギーを持つ愛犬にはグレインフリーのドッグフードが必要になります。

肉系ならば、まず牛肉を外してみて、それから順番に鶏肉や仔羊肉などに移していけばある程度の特定はできるでしょう。

ドッグフードの新たなタンパク源としての『昆虫』

ベックジャパン動物病院グループ・東京ミッドタウンクリニックの井上医院長のコラムによれば、近年では既存の食事で食物有害反応を示す患者、ならびに生態学的、倫理的な関心のある患者にも新しい食料源としても注目されているとのことです。

皮膚の食物有害反応(アレルギー反応)と診断された犬20頭に、2週間市販の昆虫主体ののご飯だけ与えたら、病変スコア・被毛の質の改善は統計的にも有意に改善がなされた。ただし、かゆみのスコアには有意な変化はなかった。嗜好性は非常によく、1頭の患者を除いて19頭はよく食べた──といった論文もあるようです。

この部分だけでも、摂取するタンパク質の原料が変わるだけでもかなりのケースを改善できる可能性があることが見えてきます。

ならば、良質なタンパク源は何かないだろうか……。

そこで着目されたのが『昆虫』という素材なのです。

食物アレルギー用ドッグフードしての『昆虫食』

何が何でも昆虫が良いわけではない

もし他の食物アレルギー用ドッグフードが愛犬の体質や嗜好に合うならば、昆虫ドッグフードにこだわる必要性はないと思います。

選択肢が一つ増えたくらいに認識していただければ十分でしょう。

たとえば牛肉と小麦に反応しているだけならば、それを外せばいいだけなので、昆虫ドッグフードでなければならないということはないと思います。

そういったときは愛犬の嗜好を汲んでやりつつ栄養価を考えて選択してやることが重要です。

それでも昆虫ドッグフードをすすめたい理由

実際、人間の世界でも昆虫食は注目されているくらい優秀な栄養源なのです。

たとえば100gあたりに含む動物性タンパク質含有量でも、ヨーロッパイエコオロギなどは牛肉の3倍含んでいるというデータがあります

コオロギは甲殻類アレルギーを起こす可能性もあるらしく、犬用にはふさわしくない原料だと思われますが、昆虫の食材としての可能性は本当に『スーパーフード』級だというのはこの話からもご理解いただけると思います。

昆虫はイメージだけで否定してしまうには惜しすぎる食材なのです。まずはそれを知っていただきたいのです。

しかし、天然のものは寄生虫などのリスクが高くなるのも事実なので、食用に管理されて清潔に育てられた昆虫を摂ることが重要になってくるでしょう。

はやくYORAドッグフードについて知りたい方はこちらをクリック↓

実は前にも上陸していた『昆虫』ドッグフード

実は、今回ご紹介しようと思っているYORAのドッグフードの前にも、インセクトドッグというドイツのGREEN PETFOOD(グリーン ペットフード)社製のドッグフードが上陸しました。

ネット上で確認できる昆虫ドッグフードは、このインセクトドッグと今回おすすめしたいYORAのもののみになるので、このインセクトドッグが日本初上陸した昆虫ドッグフードということになるのかもしれません。

しかし、このインセクトドッグは発売から2ヶ月でお試しセットの利用者が5000人を突破するなど好評を博しながらも、日本での発売元となる株式会社CHIKARAのわんにゃんフーズが『日本国内でのさらなる展開を検討するため、一旦販売を中止しております。7月頃の販売再開を予定しております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。ワンニャンフーズ 一同』として発売を停止しており、現在入手できません。

よって、今現在はYORAのみが入手可能な昆虫ドッグフードということになると思います。

このインセクトドッグの原材料はミルワームというYORAとはまた違う種類の昆虫を原料にしており、使用に際し差別化ができるので早期の再販が望まれるところです。

再び昆虫原料の食物アレルギー用ドッグフードがやってきた

インセクトドッグが販売停止しているという話は前セクションでお話ししましたが、入れ替わるようにして今度はイギリスのグレインフリードッグフードを輸入している株式会社レティシアンがYORAドッグフードの輸入を始めました。

 

食物アレルギー用ドッグフードYORAをおすすめする3つの理由

顧客満足度96%という時点で、すでにおすすめしない理由はありませんが、YORAドッグフードをおすすめしたい……少なくともお試しいただきたい理由として大きく4つあげられますので、ご紹介します。

アレルゲン成分がカットされている

食物アレルギー用ドッグフードなので、まずは何をおいてもアレルゲンは極力カットされていなくては話になりません。

タンパク源にアレルギーの原因になりにくい昆虫が使われている

YORAドッグフードは昆虫のみの単一タンパク源が使用されています

人の世界でも着目されているほどにタンパク源としての昆虫は優秀な素材であり、次世代のタンパク源として非常に注目を集めています。

実際にはタンパク質に限った話ではなく、国際連合下部組織である国際連合食糧農業機関(FAO)が、2013年5月13日に『食品及び飼料における昆虫類の役割に注目する報告書』と題して書類を作っている通り、昆虫はあらゆる栄養面において着目されている食素材です。

昆虫という過剰摂取をした経験がまずないであろうタンパク源は他のタンパク資源とは異なり低刺激性といえるでしょう。肉類や他のアレルギーになりやすい食材と比べると、相対的にアレルギーの原因になる確率が低いと見込めます。

これにより、肉類がアレルゲンになっている愛犬にきちんとタンパク質を与えられるようになります。肉が食べられないからといって、野菜や果物が主原料のドッグフードばかり与えていては、栄養が不足してしまいます。

抗生剤・ホルモン剤が使用されていない

原料昆虫の飼育時に成長を早めるホルモン剤や抗生物質が投与されることはないため、薬品の残留リスクがそもそもゼロです。

香料・着色料が使用されていない

フードへと成形していく過程でも、不必要な香料や着色料は一切使用していません。『ドッグフードの新たなタンパク源としての昆虫』でもご説明した通り、昆虫のドックフード原料としての適性は高く、原料本来の香りが愛犬の食欲をそそり、抜群のくいつきを発揮します。

グルテンフリー

アレルギーの原因になりやすい小麦・グルテン・イーストなどの原材料は一切含んでいません。グルテンアレルギーの愛犬用フードにも安心して使用できます。

栄養価が非常に高い

昆虫は栄養の塊である

国際連合食糧農業機関(FAO)が次世代の食糧源・飼料源として注目しているくらいですので、今更疑う余地はありません。『栄養の宝庫』と言えてしまうくらいには栄養の塊です。昆虫にもたくさんの種類があるので、目的に合わせて適切に用いることが大前提になってきますが、『スーパーフード』級の食材と言える昆虫も少なからずいます。

YORAドッグフードの成分の約40%がアメリカミズアブの幼虫です。アメリカミズアブの幼虫を乾燥粉末にして配合されています。

アメリカミズアブの幼虫は高タンパクで必須アミノ酸を豊富に含みます。また、カルシウムも豊富に含むという特徴があります。

ほかにも犬の健康をサポートできる素材を使用

ジャガイモ

犬にとって消化しやすい炭水化物です。ビタミンC、カリウム、食物繊維を含み、腸内環境を整える働きがあります。

オーツ麦

オーツ麦は他の穀物と比べて、食後の血糖値上昇度を示す値GI値が低い健康志向の高い炭水化物源です。ビタミンやミネラル、豊富な食物繊維を含みます。

オーツ麦は、小麦アレルギーがあっても基本的に除去する必要はない食材です。オーツ麦と小麦は違うので大丈夫ではありますが、もし小麦アレルギーがあるとわかっている場合は獣医師にも確認してみましょう。(参考:アナフィラキシーってなあに.jp)

ビーツ

人間の世界でも『スーパーフード』の一つに数えられている健康食材です。

ロシア料理のボルシチに入っている真っ赤な野菜で、『奇跡の野菜』、『食べる輸血』などと言われるほど栄養素が豊富な野菜です。

マグネシウム、鉄、カルシウム、亜鉛など幅広い栄養素を含み、更にはビタミンB類、葉酸、食物繊維を含むという、まさに奇跡な野菜がYORAドッグフードには使われています。

生産工場はペット先進国のペットフード専門工場

YORAドッグフードの生産工場は、ペット先進国イギリスの中でも特に高い評価と信頼を集めています。

欧州ペットフード工業協会(FEDIAF)の基準を満たした安心の施設と設備で製造されており、そのラインは常にモニタリングされ、専門の品質管理官が最新の設備を駆使してチェックを行っているとのことです。

原材料の仕入れから生産、最終製品の管理に至るまでトレーサビリティーが徹底されており、安心・安全が保障されたフードを愛犬家に提供されるようになっています。

 

YORAドッグフードの成分

 

YORAドッグフードの給与目安量と切り替え方法

 

発注するに至ってはまず1袋からがおすすめ

お得な定期コースもありますので情報は載せておきますが、まずは試してみることが大事です。

どんなにおいしい料理でも人に好き嫌いがあるのと同様に、犬にも好き嫌いがあるのはご存じだと思います。

なので、あなたの愛犬の『好み』に合うかどうかだけは与えてみなくてはわかりません。

だから、まずは1袋で試してみてください

もしそれで喜んで食べてくれるならば、自信をもって「次からは定期コースが断然お得です」と申し上げられます。

 

通 常 価 格 6800円(税抜き)

送料別:640円(税別) 代引き手数料:237円

    お得な定期コース情報

 

まとめ

犬の食物アレルギーも原因になっている食べ物を与えなければ症状はなくなるということをご説明しました。

そして、犬の食物アレルギーの場合は摂取するタンパク質の原料が変わるだけでもかなりのケースを改善できる可能性があるということもご説明しました。

そこで注目されたのが、『昆虫』ドッグフードです。

ご紹介したYORAドッグフードは、高タンパクで必須アミノ酸も豊富に含みカルシウムもたくさん含んでいます

その他にも犬の健康をサポートできるジャガイモ、オーツ麦、ビーツなどが配合されており、肉系の食物アレルギーに加えてグルテンフリーを実現しているのも特徴です

加えて昆虫は犬の嗜好性にも合った食材でもあるため、好んで食べるようになる可能性も高いです。

そんなYORAドッグフード──もし、愛犬の食物アレルギーでお悩みでしたら一度試してみませんか?